子供のころの体験が大人になってから生きる

子供のころに、母親に編み物を教わりました。
あのころはなかなか上手にできず、編み目もそろっていないため形がいびつになっていました。
でも、子供のころに覚えたことは不思議と大人になった今でもできるものですね。
体が覚えているのか、糸と針を持てばいびつにしかできなかったはずなのにいつのまにかきれいに編めるようになっていました。
最近、インターネットでみつけたのですが、ソックヤーンという、靴下を編むための毛糸があるのです。
いろんな色で染めてあり、編み続けていくと勝手に模様が出てくるのです。
ためしに購入し、靴下を編んでみることにしました。編みこみをしているわけではないのに
勝手に模様が、本当にでてきました。とてもかわいいです。
それからというもの、時間があればひたすら靴下を編んでいます。
まさかこんなに、編み物に夢中になる日がくるとは思いもしませんでした。
子供のころに知ったことが、将来何かのきっかけになる…と感じた出来事でした。