小学校の社会科見学の定番といえば、国会議事堂。

関東の小学校であれば、小学校の社会科見学で「国会議事堂」を利用したことがある人も多いのではないでしょうか。国会議事堂は鉄筋コンクリートで作られた建物です。地上4階、地下1階となっています。1920年に着工、1936年に完成となりました。1960年、日米安保条約に反対するデモ隊が国会議事堂を取り囲み、議員が国会議事堂を取り囲み、議員が国会議事堂に出入りできなくなった経験から、議員会館と国会議事堂を結ぶ地下通路ができました。議員会館は道路を挟んだ向かいにあります。勤務地と自宅が近いとな何ともうらやましいですね。敷地内の庭には銅像がたっています。伊藤博文、板垣退助、大隈重信です。しかし、台座は4つあります。あれ、今あたしは、3人の名前しか書いていません。それはなぜか。実は最後の一人を誰にするのかが決まっていないのです。国民から尊敬される人物が現れれば空席を埋めることが出来るのでしょうが、今の政治家からはね、、、、モビット 契約機